上池自動車学校

職員ブログ blog

  1. 上池自動車学校 ホーム
  2. >
  3. 職員ブログ
  4. >
  5. お役立ち情報
  6. >
  7. 免許の卒業検定の内容と落ちないための注意点

免許の卒業検定の内容と落ちないための注意点

「免許の卒業試験が迫っている」

「卒業試験の内容や採点方法を知りたい」

「卒業試験に落ちないための注意点を教えて」

こういった方に向けて書いています。

 

✓本記事の内容

・免許の卒業試験の内容

・免許の卒業試験に落ちないための注意点

・それでも卒業試験に落ちてしまったら

 

免許の卒業試験は、今までに技能や学科で学んだことの総まとめのような試験です。そのため、卒業試験が迫っているという方の中には、受かるかどうか不安になる方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんな方の不安が少しでもなくなるように卒業試験の内容や採点方法、落ちないための注意点について解説していきたいと思います。

 

ぜひ、ご覧下さい。

 

免許の卒業試験の内容

免許の卒業試験は、技能試験のみとなっており、通っている教習所で実施されます。また、学科試験は、教習所を卒業した後に運転免許センターで受けることになっています。

 

では、卒業試験の内容について見ていきましょう。

 

卒業試験の内容を解説

卒業試験は、路上と教習所内の2カ所で実施されます。

 

路上では、指定されたコースに沿って運転し、その際に安全確認や徐行運転、一時停止などがしっかりできているかを採点されます。路上を運転する時には、歩行者が飛び出してきたり、他の車が割り込んできたりといったイレギュラーが発生しやすいので、落ち着いた運転を心がけましょう。

 

また、教習所内では、縦列駐車やL字クランクなどの細かい運転技術を採点されます。ノートを見返したり、教官に質問したりしてポイントを確認しておきましょう。

 

採点は100点満点からの減点方式

卒業試験の採点は、100点満点からの減点方式となっており、持ち点が70点以下になると、その時点で試験は強制終了です。減点項目の中には、5点減点などの小さいものから、一発アウトの減点までさまざまな項目があります。

 

代表的な減点項目を確認していきましょう↓

減点内容 減点対象となる運転
100点減点(試験中止) ・信号無視

・一時停止無視

・踏切不停止

・歩道にタイヤが乗り上げ1.5m以上走行

・他車の妨害

・追い越し禁止違反

・同じ場所で4回のエンスト

など

20点減点 ・徐行違反

・走行時の大きなふらつき

・障害物に軽く接触

・歩道にタイヤが乗り上げ1.5m未満で停止

など

10点減点 ・シートベルト忘れ

・走行時の小さなふらつき

・交差点での安全確認なし

・踏切で窓をあけて左右の安全確認なし

・急ハンドル

など

5点減点 ・巻き込み防止の安全確認なし

・運転の姿勢が悪い

・ハンドルの持ち方が正しくない

など

 

このように、減点項目は細かく設定されています。こういった項目を頭に入れておくことで、自分の持ち点がどのくらいかを判断することができるようになるでしょう。

 

免許の卒業試験に落ちないための3つの注意点

ここでは、卒業試験に落ちないための3つの注意点について解説していきます。試験まで時間のない方には、特に参考にしていただきたい内容です。

 

教習ノートを見返したり、質問をしたりする

試験の前に、教習ノートを見返してポイントを確認したり、教官に試験でよく見られるポイントを質問したりすることで効果的に復習することができます。

 

ずっと同じ教官から学んでいたという方は、あなたの運転のクセや悪いところを聞けるはずです。

 

教習ノートや教官への質問を活用し、ポイントを確認しておきましょう。

 

前日はしっかり睡眠を取る

「いよいよ明日が卒業試験だ」という方は、睡眠をしっかり取っておくことをオススメします。睡眠をとっていなければ、判断力や思考力が低下するため、持っている力を発揮できなくなるからです。

 

また、卒業試験は、今までに学んだ知識や技術をアウトプットする場所ですから、前日に焦ってどうにかなるものでもありません。試験に受からないということは、学びが足りなかったのだと、ある種の開き直りも必要でしょう。

 

ただ、教習を受けてきたあなたには、試験に合格する力があると思いますよ。

 

少しオーバーな安全確認を意識

卒業試験が開始されたら、細かい減点をなくすことを意識しましょう。細かい減点の中に安全確認し忘れというものがあります。自分は、安全確認したつもりでも、試験官にしていないと判断されたら減点です。

 

少しオーバーに安全確認をする方が、合格につながりやすいでしょう。その他にも、自分のクセや悪いところは、少し強く意識するとよいですね。

 

それでも卒業試験に落ちてしまったら

卒業試験に落ちてしまった場合は、一限以上の補修教習を受けた後に再試験を受けることができます。しかし、全教習を修了した日から3ヶ月以内に合格する必要があるので注意しておきましょう。

 

基本的に補修教習や再試験には、追加費用がかかります。ただし、教習所によっては、追加費用が発生しないプランが用意されてある所もあるので要確認です。

 

まとめ

今回は、卒業試験の内容と落ちないための注意点について解説してきました。

 

落ちないための注意点は、以下のとおりです↓

・教習ノートを見返したり、質問をしたりする

・前日はしっかり睡眠を取る

・少しオーバーな安全確認を意識

 

これまでに学習して身につけてきた技術を使うことができれば、卒業試験に合格することができるはずです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

PAGE TOP

入校に関するお問合わせ

お電話でのお問合わせ

0120-154-307
※タップするとそのままお電話いただけます。

  • 営業時間 平 日 9:00-21:00
    土日祝 9:00-19:00
  • 休校日 年末年始・GW
    2、3月の日曜日

フォームからのお問合わせ